資格講座で医療事務を目指したほうがいいワケ

受付

どんな仕事?

そもそも、医療事務とはどういった仕事なのでしょうか。まず、医療事務というのは、病院や個人のクリニックの医療機関で、患者の対応をしたり、医療費を計算したりする仕事です。実際に窓口に立つ際には患者に笑顔で対応出来るスキルも必要ですし、医療費を実際に計算する場合は正確に計算をするスキルも求められる仕事になります。しかし、基礎をしっかり頭に入れていれば、未経験の方でも出来る仕事なので、近年人気を集めている職業になります。

女性

どんな人が向いている?

医療事務の仕事にはどのような方が向いているのでしょうか。まず、窓口で患者の対応をする事もありますので、思いやりを持って対応出来る人は向いていると言えるでしょう。患者の気持ちを汲んだ対応が出来る医療事務の方は、とても感謝されますし、何よりサービスとして最上級だといえます。次に、処理能力の早い人。対応だけでなく、医療費も計算しなければいけないのが医療事務の仕事。患者を待たせないよう、正確に仕事を処理出来る人は向いていると言えるでしょう。それ以外にもコミュニケーション能力の高さや、パソコンが扱えるなど、様々な条件が要求されます。すべてを兼ね備えている人は居ないでしょうから、どれか1つでも当てはまれば向いていると言えるでしょう。

女性

雇用形態の違い

医療事務の求人には、様々なものがあります。実際に医療事務の仕事に就きたいと考えているのであれば、知っておいて損は無いでしょう。まず、医療事務にも正社員、契約社員、パート、アルバイト、派遣社員という区切りが存在しています。医療事務は、違う雇用形態で一気に求人を出している事もありますから、自分の働きたい方法で働く事も出来ます。なので、求人を確認する際はぜひ雇用形態も確認してみるといいでしょう。

医療事務を講座で目指すメリット

女性

資格勉強がしっかり出来る

1番のメリットが、資格勉強がしっかり出来るという所です。講座だと、しっかりサポートしてくれるので、より資格に強くなります。

受講が終わった後就職の手助けをしてくれる

次に、受講が終わり次第、就職の手助けをしてくれるというところもメリットとしてあげられます。自分の希望に合った就職先を紹介してくれます。

決まった期間でしっかり勉強出来る

最後のメリットが、受講期間が決まっているので、決められた時間でしっかり勉強出来るという点です。受講期間が無いとついつい勉強を先延ばしにしがちですが、受講期間がある事で、期間内でしっかり知識を身につける事が出来ます。

医療事務で働くという事は?

実際に医療事務のスキルを学び、働くイメージが湧いてきたのでは無いでしょうか。では、実際に医療事務で働く方はどこにやりがいを感じているのでしょうか。

嬉しいところランキング

事務の女性
no.1

やりがいを感じられる

圧倒的な意見の多さで1位になったのは、やりがいを感じられるという意見。病気で苦しむ患者と接していると、感謝される事も多いようです。そういった励ましの言葉をもらうととてもやりがいを感じるという方が多かったです。

no.2

地域の役に立つことが出来る

次に多かったのは地域の役に立つことが出来るという意見。地域密着型の病院などは、より地元の方との対応が多くなるもの。やりがいを感じるという意見よりは少ないですが、こちらも支持を集め、2位となりました。

no.3

自分に合った働き方で働ける

働いていて嬉しい事で3位になったのは自分に合った働き方が出来るという意見。パートや正社員など、医療事務は様々な雇用形態で求人が出ている事が多いです。あくまでやりがいに繋がる所では無いため、3位になってしまいましたが、こちらも医療事務をしていて嬉しい事との意見。

広告募集中